うつ病の早期治療を行ない心と体を健康にする

うつ病の原因

うつ病はストレスが原因で脳への神経伝達物質の量が減り気分定価や抑うつを引き起こします。仕事を行うことができないこともあるので、通院医療費公費負担制度があり、治療費を下げることができます。

» 詳細を確認する

うつ病治療

うつ病は薬物療養や心理療法を利用して改善させることができます。無理をしない程度に体を動かす、しっかり睡眠を取る等生活リズムを整えることで症状が改善していきます。

» 詳細を確認する

心の病だって治せます

自立支援制度

うつ病は自立支援医療という制度で、医療費を支給してくれることがあります。治療に専念するために利用できる制度で、病院側に診断書を書いてもらうことで医療費を節約できます。

» 詳細を確認する

うつの状態を知る

うつの治療を利用する方法

うつの治療を利用する方法としては、心療内科などの医療施設への訪問を行い、個人の抱えているうつのレベルがどれぐらいなのかという事を知る必要があります。 また、精神科などでの相談を行う事により、うつの治療を行ってもらえる可能性もあるのです。 ですから、完全に精神的なものからきている症状であれば、精神的な面でのカウンセリングなどを受ける事ができるクリニックなどを選ばれるとより適した治療を受ける事ができるでしょう。 内臓などに支障がある場合には、心療内科などの中でも、内科の設備が整っているような場所での診察を受けた上で科を変えるかどうかについて検討されるのが無難です。 薬なども様々な種類があるので、処方された薬についての疑問があるのであれば積極的に医師と相談すると良くなります。

この医療が人気の理由

憂鬱な状況になることや、それによって生活を脅かされてしまうような人とうのは、ストレス社会において非常に多い状態です。 ですから、うつの治療を行いたいという願望を持っている人は、軽症の人から重症の人までが存在しているのです。 うつ病という病気を抱えてしまった場合、どうにかしてどの状況から出たいという願望を持つ人も多いので、この治療法は非常に人気があると言えるでしょう。 ネガティブな感情が毎日のように続くだけなのであればまだ良いのですが、それらが悪化し、仕事等への支障をきたすようになってしまうと悪化してしまうような環境も少なくないので、少しでも長い期間憂鬱な時期が続いてしまっているという人々は、メンタルケアを行うと良いでしょう。

治療するにあたっての注意

もしかしたらうつなのかもしれない、と感じた場合にはまず治療するかどうかは別として、心療内科等を受診してみることをおすすめします。心療内科というと、どのような治療をするのか分からず、内科などに比べてやや行きにくいイメージがあるかと思います。しかし、実際に受診してみると内科や歯科などと変わらず、むしろ最近では待合室や診察室などうつ病患者の不安がなるべく軽くなるよう院内の雰囲気や受付方法、治療方法等に工夫が施されている病院も多くあります。心療内科ですと、やはりカウンセリングが主な診察内容になります。そのため、ほとんどの病院では事前に予約が必要です。心配ごとや悩みがあり、もしかしたらうつかもしれないと感じたら、まずは診療内科に電話で相談してみましょう。対応する受付の態度なども受診前に知ることができますし、それによって病院の雰囲気もある程度予想できます。うつ病の治療の必要があるかどうかは医師が判断することなので、自己判断は危険です。

途中で悩んだときには

うつ病というのは、通院していても治療の効果が出ているのかどうかわかりにくい場合も多々あります。今服用している薬が本当に効いているのか、いつまで通院すれば良いのかといった悩みから、担当医師とのコミュニケーションへの悩みや不安、薬に対しての不安などあれこれ考えてしまうこともあるかもしれません。何か心配ごとや悩みがある場合には、一人で考えるのではなくすぐに医師へ相談しましょう。医師に伝えにくいことであれば、看護師に伝えるのも良いと思います。家族や友人に話すことも決して間違いではありませんが、やはりうつという状態をよく理解している医師や看護師が一番だと思います。もし、どうしても通院している病院では話せないと思うようであれば、思い切って他の病院を受診してみるのも良いでしょう。その場合、現在飲んでいる薬は必ず持参し、現在通院中であることを伝えましょう。

うつかもしれないと思ったら

うつというのは心の病気です。体の病気と違って、治療の成果が目に見えて出るものではなく、また治療しているからといっても些細なことで悪化してしまったりすることもあります。うつというものが世の中に随分と認識されてきてはいるものの、まだまだうつそのものや治療に対して理解があるとはいえないのが現状です。うつイコール怠けであると考えている人も、少なくありません。そういった認識が未だにあり、症状のある人自身も治療に行くことに対して抵抗を持っているため、自分がうつであることを認めずかなり症状が重くなってからようやく病院を受診する人もいます。人それぞれ症状も異なるため、自分がうつであるかどうかわからないという場合もあります。気になる症状が出てきた場合には、不安がることなくまずは病院を受診してみましょう。

体を動かす

うつ病の治療として体を動かすことは非常に大切なことです。疲れたら休むことが大切で。ゆっくりとした気持ちでただ歩くことが大切です。晴れた日に外を歩くことはとてもリフレッシュ効果が高いです。

» 詳細を確認する

気分の沈み

うつ病はただ気分が沈んでいるだけではありません。生活全体のやる気がなくなり、体が動きにくくなります。薬でうつの症状を抑えることが可能で、医師とコミュニケーションを取りながら治療を目指します。

» 詳細を確認する

ページのトップへ戻る