うつ病の早期治療を行ない心と体を健康にする

気分の沈み

沈んでいるのと、うつ状態はちがいます

うつと言うのは気持ちが落ち込んでいるだけではなく生活自体をやる気がなく何もしたくなくなる状態のことで、ただ気持ちが沈んでいるだけではありません。 うつの症状は人によって少しずつ違っており、その人その人に合った治療法法を病院でしっかりと先生と相談することが大切です。 薬でうつ症状を抑えることだけが治療とは言えず、普段の生活からしっかりと自分の意識を変えていくことも大切です。 ただ意識を変えていくこと自体も容易なことではありませんので、先生とのコミュニケーションをしっかりとり、自分自身が納得しながら治療を受けることが大切です。 今後治療を行う薬は、どんどん進化しうつ症状で悩んでいる方の多数の方に喜ばれる薬が開発されることだけは間違いありません。

大切なのは、連携です

うちの治療で1番大切なのはやはり医師とのコミュニケーションにより自分が納得した治療を受けることが大切です。 薬自体は種類だけでも数多く存在していますので症状によりクリニックの医師がしっかりと選ばないと副作用だけが出てきてしまう状態になります。 薬の乱用によりさらに、うつの症状が悪化した状態になってはいけないので、飲み方や選び方は絶対に自己判断してはいけません。 クリニックの医師がしっかりとした目で選んだ薬を、しっかりと説明を聞いて自分自身が納得しその飲み方を理解して治療を受けることが大切です。 今後の社会事情により、うつ症状が増える傾向にあることだけは確かですので自分自身でも明るい気持ちを持ち病気と闘うことが大切です。

ページのトップへ戻る