うつ病の早期治療を行ない心と体を健康にする

うつ病の原因

お得に利用する方法はあるか

うつ病はストレスなどが原因で、セロトニン、ノンアドレナリンなど思考や意欲にかかわる脳への神経伝達物質の量がへり、気分低下や抑うつ状態を引き起こす精神疾患のものです。 その治療には、心療内科などでのカウンセリングや神経伝達物質の量を増やすような薬を服薬することによって行われます。精神疾患は比較的症状が長く続きますので病院での診察代や、薬の費用が多額にかかりますし、仕事を休んだことによる収入減などから経済的にも大変な状態です。 このような方のために、通院医療費公費負担制度があります。精神疾患の治療のために心療内科や精神科、神経科などに通院した時にその人の治療費、診察代や薬代を95パーセントまで公費で負担してくれる制度です。

うつの治療の平均的価格について

うつの治療には、通院によるものと入院によるものがあります。通院では心療内科医や精神科医のカウンセリングを受け、薬などによりうつが引き起こす症状を少しでも和らげるものです。 通院の場合は、健康保険を使って1回の治療で5000円から高いクリニックでは8000円程度かかりますが平均は6000円程度です。 入院になると1日あたり15000円程度かかります。うつなどの精神疾患は完治までの期間が長く、治療にも即効薬はないため時間がかかります。このため、通院や入院などを公費で補助する制度もあります。 うつ病は、知らない間に重症化することもありますし、症状が深刻になればなるほど治療に時間もかかりますので早めの受診が望ましいです。

治療を受けながらできること

うつであることが診断されたら、薬での治療が始まります。抗うつ剤の処方、不眠の場合には睡眠薬が出されることも多いです。抗うつ剤には色々な種類があり、効果にはかなり個人差があります。また、薬ですから副作用もあります。その人に合った薬を診察を通して医師が選び、それを服用してみて副作用が出ないか、効果はあるかどうかを確かめて治療を続けていきます。合う薬が見つかったら、今度はその薬の量を調節していくことになります。効果と共に薬の量を減らしていき、最終的には薬をなくしてもうつの症状が出ないように持っていくわけです。どのくらいの期間を有するかは個人差があります。治療を受ける際に大切なのは、薬を飲んでさえいればいつか治る、というわけではないことを知っておくことです。薬に頼るのではなく、気持ちの持っていき方やストレスの発散方法、生活リズムなどを自分から積極的に変えていく必要があります。

ページのトップへ戻る